2014年12月11日

比企谷「 ツーリングしたいな 」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/19 21:35:05 ID:XDvZpBk+0
由比ヶ浜「えー!ヒッキーバイク持ってたの!?」

八幡「この前急に欲しくなってな
この前免許と一緒に取ったんだよ」

雪乃「あなたには似合わない趣味ね」

八幡(まぁ漫画の影響なんだけどね)

由比ヶ浜「へー そうなんだ
ツーリングって楽しいの?」

八幡「当たり前だろ
自分が風となって自然を感じるなんて最高じゃないか」2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/19 21:37:23 ID:XDvZpBk+0
八幡「別に一人で走るのも良いんだ
自分の好きな様に気楽に走れるしなボッチ向けの趣味と言っても過言じゃない
一人で走ってても様になるしな」

雪乃「あなたにピッタリじゃない」

八幡「おい さっきと言ってること違うじゃねぇか」

由比ヶ浜「じゃあ何でツーリングしたくなったの?」

八幡「やっぱバイクの醍醐味はツーリングだと思うんだよ
心の通じあった人と同じ道をバイクで走る。
インカムでお喋りしながらなんて
最高じゃないか」

雪乃「あなたからそんな言葉が聞ける日が来るとはね」

雪乃・由比ヶ浜(…ツーリングかぁ)

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/19 21:39:35 ID:XDvZpBk+0
平塚「話は聞かせてもらったぞ」ドアバターン

八幡「先生…いたんですか」

平塚「比企谷!ツーリングに行こうじゃないか!」

雪乃「急に入ってきて唐突ね」ハァ

八幡「先生バイク持ってたんですか」

平塚「あぁ これでも昔は峠の女王と
呼ばれていたんだぞ」

八幡(一緒に走りたくねぇ…)

平塚「と言っても今バイク修理中なんだ
来月にどうだ?」

八幡「じゃ…じゃあ1ヶ月後に」

平塚「うむ!じゃあまたな」ブオーン

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/19 21:45:22 ID:XDvZpBk+0
由比ヶ浜「ヒッキー!私もツーリング行きたい!」

雪乃「そ…そうね私も昔からバイクは
嫌いじゃなかったしこの機会にバイク買おうかしら」

八幡「おいおい お前らにはキツいだろ
特に雪ノ下には」

雪乃「だ…大丈夫よバイクなんて
座ってるだけでしょう」

八幡「もうその認識で無理だわ」

由比ヶ浜「とにかく!私も免許取るから」

八幡「わ…分かったよ」

由比ヶ浜「そしたら一緒にツーリング行こうね!」

雪乃「私も行くわ待ってなさい」

八幡「分かった分かった せいぜい気を付けろよ」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/19 21:48:17 ID:XDvZpBk+0
―――そして数日後―――
教官「由比ヶ浜さん一段階の見極めを
7回も落ちる人なんて僕は初めてみたよ」

由比ヶ浜「うー…もう1回お願いします」
―――さらに1ヶ月後―――

八幡「いやー良い天気だなツーリング日和だ」

八幡(結局誰が来るんだ…平塚先生に
場所と時間言われただけだし)
ドッドッドドドドドドド

八幡「うわハレ珍かよ頼むから通り過ぎてくれ…」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/19 21:50:16 ID:XDvZpBk+0
平塚「待たせたな比企谷」ブルンブルン

八幡(って先生かよ…)

八幡「平塚先生ハーレーだったんですか峠の女王って言うからレプリカだと思ってましたよ」

平塚「昔はNSR250に乗ってたんだけどなそろそろ落ち着こうと思ってな」

八幡「それでもスポスタって所が先生らしいですね」
ドコドコドコ

平塚「おっ来たみたいだな」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/19 21:55:03 ID:XDvZpBk+0
一色「せんぱーい 来ちゃいました」

八幡「一色お前もバイク乗ってたのか」

一色「はい まぁなんやかんやで」

八幡「てかSRとか良い趣味してんな」

一色「でしょ!めっちゃ可愛いじゃないですか!」

八幡「可愛いかどうかは知らんが俺は渋くて好きだな単気筒とか男心をくすぐりまくりだろ」

一色「単気筒?何ですかそれ」

八幡(そんな事も知らないで買ったのかよ…)

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/19 22:02:23 ID:XDvZpBk+0
フォーンフォンフォン
材木座「ファハッハッハ待たせたな!赤き夜に黒き月今宵ほど我が力を解放するのにふさわしい日はないだろう」

八幡「うるせーよ確かにツーリング日和だけど真っ昼間だわ
しかもなんでzx-14rなんだよ
お前まだ18なってねーだろ」

材木座「フッフッフ細かい事は気にするなピザはSSに乗る運命なのだよ」

八幡「お前言ってて悲しくないのかよ」

一色「このバイク可愛いくないです先輩」

平塚「何を言うんだこのイカついフェイス私は好きだぞ」

材木座「フッフフこのバイクの良さが分からないとはまだまだよのう八幡」

八幡「何で俺に言うんだよ俺は好きだぞ」

材木座「だ…だって知らない人だし…」

八幡「急に素に戻んなよ…」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/19 22:06:46 ID:XDvZpBk+0
ブオーン
雪乃「お待たせ遅そ企谷君」

八幡「むしろ遅れたのお前だけどな
てかそのバイクって」

雪乃「えぇ皆も知っての通り刀よ」

八幡「お前がまさか刀選ぶとはな」

雪乃「何言ってるのよかっこいいじゃない別に意外でもないでしょ」

八幡「いや、正直驚いた」

八幡(さりげなくサイドカバーにパンさんのステッカー貼ってるのは意外でもないけどな)

雪乃「ちなみに由比ヶ浜さんは昨日8回目の卒検落ちて来れないわ」

八幡「あいつはどこの35歳のニートだよ」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/19 22:10:24 ID:XDvZpBk+0
雪乃「それよりあなたのバイクって」

八幡「そうだお前も教習所で乗っただろ」

雪乃「意外ねあなたの事だからマイナーなバイクだと思ったのに」

八幡「まぁマイナーのも嫌いじゃないがなこれは最高のバイクだ
デチューンされた教習車とは
比べ物にならないんだぞ
しかもモリワキ菅にCBXカラー
最高じゃないか早くお前に
vtecサウンド聞かせてやりたいよ」

雪乃「あらあら それは楽しみにしてるわ」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/19 22:14:09 ID:XDvZpBk+0
平塚「じゃあみんな揃ったことだし行くか」

材木座「フッフフ我のスピードについて来れるかな」

八幡「おいおい安全重視のまったりツーリングだぞ」

一色「そうですよーそれに平塚先生置いてかれちゃいますよ」

平塚「一色それは聞き捨てならないな排気量は君と比べものにはならないんだぞ」

八幡「はいはい じゃあまったりツーリング行くぞ」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/19 22:18:16 ID:XDvZpBk+0
雪乃「そうそう 比企谷くんインカム持ってきたわ付けてちょうだい」

八幡「おっお前準備いいな でもいいのか俺となんかで」

雪乃「ゆ…由比ヶ浜さんが来れなくなったから仕方なくよ」

八幡「そうか じゃあ遠慮なく」

一色「いいなー私も通話したいよー」

雪乃「ごめんなさい一色さん これは二人用なのよ」

一色「ええー嘘くさー」

平塚「そんな事より早く行くぞ私がケツ持ちするからな」

八幡「じゃあ行くか友と明日のために」

こうして俺たちは楽しいツーリングに
行ってきた。
途中で材木座はガス欠を起こしたが
置いて来たので特に問題はなかった

由比ヶ浜は爆発した

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/19 22:19:22 ID:XDvZpBk+0
これで終わりです
ただ書きたかっただけなんで
個人的には満足です

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/19 22:21:24 ID:+xp/UHPa0
乙乙

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/19 22:28:40 ID:jqgHzrIN0
面白いな、続きがあれば是非読みたい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: