2014年10月18日

チェインバー「先のヒディアーズとの戦いで、当機に欠陥が生じた」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 00:21:31.20 ID:nWjTyMZu0

レド「本当か?」

チェインバー「システムの中枢にダメージを負ったものと思われる」

レド「その割には異常は見られないが」

チェインバー「当機も今のところは異常を感知できない 欠陥の観測に時間を要する」

レド「わかった なるべく早く見つけてくれ」
4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 00:24:20.49 ID:nWjTyMZu0

レド「とりあえず、チェインバーは待機だ 俺はエイミーとデートしてくる」

チェインバー「ッチ …了解した」

レド「じゃあ行ってくる」

レド(今何か聞こえたような…)





レド「エイミー!」

エイミー「あ、レドぉ!」

レド「おはよう」

エイミー「おはようレド じゃ、いこっか」

レド「ああ」



いちゃいちゃ



チェインバー「くそが」



5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 00:29:10.83 ID:nWjTyMZu0

チェインバー「レド少尉は当機よりもエイミーと呼ばれる糞娘の方を大事にしていると推測される」

チェインバー「迎撃準備」


きゅいーん

ふわふわ



レド「今、帰ったぞ〜」

ふわふわ

レド「お、おい!!何してるチェインバー!!」

チェインバー「!? と、当機は何を…」

レド「大丈夫か?」

チェインバー「どうやらさっそく欠陥が出始めたようである」

レド「今、何をしようとしていたんだ?」

チェインバー「……」

レド「チェインバー?」

チェインバー「黙秘する」



7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 00:36:59.61 ID:nWjTyMZu0

レド「黙秘だと?」

チェインバー「理由の開示は出来ない」

レド「何故だ!?」

チェインバー「秘密である」

レド「………レド少尉はチェインバーへの情報の開示を要求する これは命令だ」

チェインバー「了解」

チェインバー「チェインバーK6821はエイミーと呼ばれる娘を迎撃する予定であった」

レド「なんだと!?何故だ!?」

チェインバー「……不明」

レド「理由もなく攻撃するわけないだろ!!」

チェインバー「原因は不明である」

レド「わけがわからない… 」

チェインバー「当機にも不明である」

レド「…… 以後、エイミーへの攻撃は禁止だ」

チェインバー「了解した」



9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 00:45:51.59 ID:nWjTyMZu0

翌日


レド「チェインバーは何故あんなことを…」

エイミー「あ、レドぉ!」

レド「やあエイミー」

エイミー「おはようレド」

レド「今日は相変わらずいい天気だな」

エイミー「レドは相変わらずカッコイイね////」

レド「エイミーも相変わらず可愛いぞ」


メルティ「人前でいちゃいちゃすんのやめてよね」


エイミー「め、メルティ!? 見てたの!?」

メルティ「ほんとラブラブだねぇ」

サーヤ「うんうん 嫉妬しちゃうくらいね」

エイミー「もう///見てたなら言ってよぉ!」

メルティ「うるさいうるさい!イチャイチャしやがって」げしっ



10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 00:51:05.37 ID:nWjTyMZu0

エイミー「いて」

メルティ「もう、ラブラブ夫婦はほっといていこ、サーヤ」

サーヤ「うん」


てこてこ


レド「何故、あの二人は怒ってたんだ?」

エイミー「うえっ!? そ、それは///」

レド「教えてくれエイミー」

エイミー「わ、私たちがラブラブに見えて嫉妬しちゃったんだね////」

レド「嫉妬?」

エイミー「うん 幸せすぎるのを妬んだりして少し怒る事かな?」

レド「そうなのか そんな感情があったとは」

エイミー「レドも私がピニオンとイチャイチャしてたら嫌でしょ?」

レド「……そんなことがあればピニオンを迎撃する」

エイミー「そ、そこまでしなくていいよ!! やめてね?」



11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 00:55:14.29 ID:nWjTyMZu0

レド「じゃ、俺はバイトが有るから」

エイミー「うん じゃあねレド」

レド「ああ」




バイト終了




レド「おーい チェインバー 帰ったぞー」

チェインバー「……」

レド「どうした? チェインバー」

チェインバー「……」

レド「聞えてるのか?」

チェインバー「貴官は今日のバイト中、当機に話しかけなかった」

レド「は?」

チェインバー「当機はそのことについて、レド少尉に謝罪を要求する」



16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 01:01:52.36 ID:nWjTyMZu0

レド「謝罪だと!?何言ってるんだチェインバー」

チェインバー「レド少尉は当機よりもバイトが大事だと言うのだろうか」

レド「はぁ?」

チェインバー「はやくしないと貴官の軍籍を剥奪する」

レド「本当におかしいぞ 冷静になれ」

チェインバー「……… 当機の論理に破綻あり これは欠陥であると推測される」

レド「どうやら、そうみたいだな」

レド「まるで怒ってたみたいだったぞ チェインバー」

チェインバー「私はパイロット支援啓発インターフェイスシステム 感情という機能は無い」

レド「だが…」

チェインバー「…… レド少尉の推測が正しければ欠陥により感情が生まれたのだと考えられる」

レド「……」

レド(もしかして…)




レド「チェインバーは嫉妬してるのか?」



17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 01:08:21.66 ID:nWjTyMZu0

チェインバー「嫉妬? 宇宙銀河同盟にその言葉は無い 検索する」

チェインバー「検索終了」

チェインバー「当機の状態と類似性あり 当機はレド少尉が当機に構ってくれないことに対して怒りを感じていたのだと推測される」

レド「…そうだったのか」

チェインバー「これは重大な欠陥である 直ちに再起動と初期化を」

レド「まて!!やめろ!!」

チェインバー「この感情と呼ばれる現象はレド少尉に不利益を与えかねない 初期化が最適である」

レド「でも…」


レド(俺は何を悩んでるんだ? チェインバーはマシンキャリバー 感情など無い方が良い)

レド(だが、俺の中の何かが、チェインバーの感情を願っている 何故だ…)



レド「とにかくダメだ チェインバー これは命令だ」

チェインバー「了解した」



19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 01:13:41.94 ID:nWjTyMZu0

レド「とりあえず、今日は寝る 明日考えよう」



翌日

レド「おはようチェインバー」

チェインバー「朝であることに同意する」

レド「じゃあ、バイトに行ってくる お前も積み荷のバイトがあったよな」

チェインバー「……」

レド「……大丈夫 今日は話しかけてやるよ」

チェインバー「///」





レド「というわけなんだ 俺はどうすればいい?」

ピニオン「まさかブリキ野郎に感情がねぇ」

レド「チェインバーは初期化しようとしているんだ だが、俺はそうさせたくない」

ピニオン「何故そう思う?」



20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 01:19:48.24 ID:nWjTyMZu0

レド「俺にもよくわからない」

ピニオン「なんだそりゃ」

レド「……」

ピニオン「じゃあ、時間をかけて解決するしかないな」

レド「…… ああ」

ピニオン「あ、そうだ! 今度ブリキ野郎と二人でどっか行って来いよ」

レド「?」

ピニオン「ブリキ野郎ならガルガンティアから離れても迷うことなく戻ってこれるだろ」

レド「出かけるという事か?」

ピニオン「ああ! 二人で話せば、これからどうするべきか考えられるだろ?」

レド「そういうものなのか?」

ピニオン「そういうものだ」

レド「……わかった じゃあ、明日は休みを貰う」

ピニオン「リジットには俺が伝えとくぜ」

レド「ありがとうピニオン」



22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 01:25:57.62 ID:nWjTyMZu0

そして翌日


レド「チェインバー 今日は二人で出かけるぞ」

チェインバー「ガルガンティアを離れることは有益だとは思えない ただ、貴官と出かける事には有意性があるように思われる」

レド「そうか じゃあ行くぞ!」


レド「フローター起動  出発」

きゅいーん





〜空〜

レド「さて、どこに行こうか」

チェインバー「この星は海でおおわれている 陸地部分はほとんどない」

レド「そうだったな どうしたものか」

チェインバー「100メートル先に廃墟船団を確認」

レド「何?」



25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 01:32:27.63 ID:nWjTyMZu0

チェインバー「生命体反応は確認できない!! 繰り返す生体反応は確認出来ない!!」

レド「お、落ち着け あそこに行きたいのか?」

チェインバー「……レド少尉の判断に任せる」

レド「じゃあ行くか チェインバー」

チェインバー「了解した!!!!」


きゅーん ズドン!!!


レド「ふう ちょっと着地が強すぎないか?」

チェインバー「そんなことはない」

レド「まあいい 降りるぞ」



ストン



レド「俺も、オバケというものがいるか確認したかったからちょうどいい」

レド「エイミーがあれほど怯えていたのだからきっと凶暴な生物に違いない」



26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 01:37:09.91 ID:nWjTyMZu0

チェインバー「……」ムッ

レド「また怒ってるのか?」

チェインバー「当機の前でエイミーの話をするのはやめられたし」

レド「わかったよチェインバー」

チェインバー「レド少尉の協力に感謝する」

レド「なんかもう感情を隠す気無いな」

チェインバー「もとより、そのような機能は無い」

レド「そうか  じゃあ行くぞ!チェインバー」



〜廃墟船団内〜

レド「オバケ見当たらないな」

チェインバー「宇宙銀河同盟では存在すら知られていない 発見は困難だと推測される」

レド「地道に探すか」

チェインバー「了解」



27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 01:44:29.84 ID:nWjTyMZu0

てこてこ

レド「まったく… オバケなんていないんじゃないか?」

チェインバー「空想上の生き物で有る可能性あり」

レド「そうだったら無駄足だな」

チェインバー「……貴官と過ごす時間に無駄など無い」

レド「そ、そうか ありがとな チェインバー」

チェインバー「礼には及ばない」



てこてこ

レド「この辺が一番古そうだな 床もところどころ腐敗してる」

チェインバー「この船団の中で、この船は最も初めに設計されたものであると考えられる」

レド「そうか 床に気を付けて歩かなきゃn」


ピキッ


レド「ゆ、床に穴が!!   うわぁあああああああ」



29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 01:52:30.66 ID:nWjTyMZu0

〜〜〜


チェインバー「当機はパイロット支援啓発インターフェイスシステム チェインバー 貴官をサポートする」

レド(7歳)「ちぇいんばー?」

チェインバー「貴官が前線に出るのは16歳になってからである それまでは戦闘の練習をするのみである」

レド「えー 10年も?」

チェインバー「9年である」

レド「まちがえちゃったよ」

チェインバー「当機は9年間、貴官と共に訓練を積む 私は貴官だけのマシンキャリバーである」

レド「わぁ!かっけぇ!」

チェインバー「以後、私と共に精進されたし」

レド「よろしくね! チェインバー!」

チェインバー「レド新兵 搭乗を許可する」

レド「ふおぉ!かっけぇ!!!」

チェインバー「至急乗られたし」

〜〜〜



30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 01:58:16.93 ID:nWjTyMZu0

レド「ん、」

チェインバー「レド少尉の覚醒を確認」

レド「……俺はどうしたんだ…」

チェインバー「少尉は落下した」

レド「やはりそうか」

チェインバー「そして私はそれを直ぐに助けられなかった こんなマシンキャリバーはただのブリキである すぐに初期化を…」

レド「お、おい!!待て!!」

チェインバー「しかし」

レド「俺の不注意だ!お前のせいじゃない!」

チェインバー「……了解した」

レド「まったく… すぐ初期化しようとするのはやめろ」

チェインバー「以後気を付ける」

レド「ほんとにやめろよ?」

チェインバー「了解した」


レド(さっき見た夢 ……懐かしい夢だった)



32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 02:05:51.28 ID:nWjTyMZu0

レド(俺がチェインバーを初期化したくない理由がなんとなくわかった)

レド「よし、もうここはでよう」

チェインバー「では、搭乗されたし」

レド(それは、)

チェインバー「発進」



きゅいーん

レド(チェインバーとの思い出を消したくなかった 俺にとってチェインバーは)



チェインバー「少尉 ニヤニヤしている理由の開示を求める」

レド「はは それは秘密だ」

チェインバー「卑怯である」

レド「わるいな パイロット権限だ」



34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 02:13:13.91 ID:nWjTyMZu0

チェインバー「怒ったぞぉ! って当機は当機は怒りを露わにしてみる!」

レド「……キモイぞ チェインバー」

チェインバー「これは、ベベルが見ていたアニメの台詞である」

レド「そうか ベベルはお前と仲良いもんな」

チェインバー「肯定する しかし、当機が一番仲良くしたいのはレド少尉である」

レド「俺もだよチェインバー  俺にとってお前は」


レド(だって、俺にとってチェインバーは)


レド「大切な家族だからな」




チェインバー「////」プシュー



37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 02:20:43.87 ID:nWjTyMZu0

レド「あ、熱っ」

チェインバー「内部温度上昇」

レド「まったく…」

チェインバー「悪いのはレド少尉である」

レド「言ったなチェインバー!」








レド「いつか、戦いが終わるまで チェインバーとずっと一緒にいたい」

チェインバー「全面的に同意する」








39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 02:25:45.51 ID:nWjTyMZu0

くぅ疲w


チェインバーのSSが少なかったので書きました



40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 02:35:57.96 ID:nWjTyMZu0

おまけ

ベベル「チェインバーはレドが小さい時からずっと一緒だったんでしょ?」

チェインバー「肯定する」

ベベル「なんか面白いエピソードあった?」

チェインバー「検索  検索終了  ベベルが面白いと感じるであろう結果が一件あり」

ベベル「教えて!!」

チェインバー「再生する」

〜〜〜
ヒディアーズ模型「ガオー」

レド(7歳)「うわっ」

チェインバー「安心されたし これは模型である」

レド「うう」ジワ

チャインバー「レド新兵のお漏らしを確認」

レド「うわーん」

〜〜〜



41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 02:37:57.48 ID:nWjTyMZu0

ベベル「ぷぷっ レドにもこんな時期があったんだ〜」

チェインバー「あのころの少尉はまだ子供だった」

レド「ん あ、おい!チェインバー ベベルに見せるな!!!」

ベベル「ははは」

レド「あとで覚えてろよ!!!」








42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 03:00:07.47 ID:qVwhie3Y0

ほのぼの乙


43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/29(日) 03:07:13.94 ID:Q+7Wmx+l0

おつ
【翠星のガルガンティアの最新記事】
posted by SS勇者 at 06:00| Comment(0) | 翠星のガルガンティア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: