2014年10月30日

暦「新潟県上越市から来ました。阿良々木暦、23歳です」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/22(水) 23:18:52.41 ID:zenuzTxWo ・物語シリーズは全巻読んでますけどうろ覚えです ・将来、阿良々木くんとガハラさんが結婚したら、というifです ・会話を成立させるために独自設定が含まれます ・原作との矛盾があるかもしれませんが固いこと言わないでください それでは投下します続きを読む
posted by SS勇者 at 16:00| 物語シリーズ

八幡「ホワイトアルバム2?」

1: 名無しさん 投稿日:2013/12/01(日) 13:08:52.61 ID:kkeoarlH0
由比ヶ浜「ヒッキ―パソコンで何やってんの?うわ、なんかオタクっぽい!」

雪ノ下「ゴミヶ谷君、部室でいかがわしいゲームをするのは死んで、いえ、辞めてくれないかしら」

八幡「別にやりたくてやってるわけじゃねえよ。材木座に押し付けられたんだ。それに俺はこういうのはあんまり好きじゃねえしな」

由比ヶ浜「そうなの?でもヒッキ―プリキュア見て泣いてるんでしょ?」

八幡「ばっかプリキュアはいいんだよプリキュアは。でもこの手のゲームは大抵リア充のリア充による痴話話だからな。つまんねえんだ」

八幡「大体設定にリアリティがねえよな。黒髪ロングで近寄りがたい雰囲気の天才美少女と学校中の人気者の明るい美少女に同時に好意を寄せられるなんてありえねえよ」

雪ノ下・由比ヶ浜「……」

雪ノ下「ねえ、比企谷君」

由比ヶ浜「それ、ちょっと貸してくれない?」

八幡「……え?」続きを読む

2014年10月29日

八幡「雪ノ下を一発ぶん殴ったらめちゃくちゃ従順になった」

1: 名無しさん 2013/07/02(火) 18:37:32.42 ID:s8YgM8MA0
奉仕部部室
八幡「うっす」

雪ノ下「こんにちは。比企谷くん。まだ由比ヶ浜さんが来ていないのだけれど、貴方何か知らないかしら」

八幡「ああ、由比ヶ浜なら今日は来ねえよ。なんか三浦たちとカラオケ行くんだってさ」

雪ノ下「そう。なら今日は貴方と二人っきりというわけね。不快だわ。死んでくれないかしら」

八幡「いつものことだが自然に俺の死を願うのはやめろ」

雪ノ下「あら、何を言っているのかしらこの虫けらは。私に気を向けられたことを感謝することはあっても文句を言う筋合いはないと思うのだけれど」

八幡(何という暴論……俺だって来たくて来てるわけじゃねえよ)イラッ続きを読む