2014年09月29日

【ゆゆ式】ゆかり「そうだ、ゆずちゃんを無視してみよう」【手作り】

1 :どこかの名無しさん:2013/07/09(火) 21:12:14 ID:GpILU0zU0


             ,.  -───‐--
           ィ´:::::::::::/|::::fi:::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
         /::::イ⌒::::/ !::::!i::::::::⌒ヽ、::::::::::::::`ヽ、
      / ......./.  /   ! ハ::::::::::::::::::::ト、::::::::::::::::::ヽ
     /:::::/::::::/::::::::/   |ノ i......     | i     .......ヽ
    /:::::::::/::::::/:,.-‐/   i  i/}__::::‐-、:! i:::::::::::::::::::i::::::..
  //.:::/::::::::iL/⌒ヽ      /⌒ヽ! !::ハ::::::::::::i:::::::::!
. / /:::::i_,.--/ ,‐、 }      く ,.- 、 ヽ.レ i::::::::::::::i:::::::::!   いいこと思いついた
. / /::::::::::i_/ /                ヽ ヽ.L__:::::::::i:::::::::i   ゆいちゃん、ゆずちゃんを無視しよう
  i{_,.-1:::l !_/                 ヽ }-! `ヽ__i:::::::::i
      i:::::i           ,          -' l::::::::::::::ハ::::::ヽ
.     i::::ノ///               ///   l::::::::::::::i !:::::iヾ!
    i::〈                          j::::::::::::/ノ:::::::i
     !:::::ヽ、      r‐      ̄ヽ     ィ:::::::::::/:::::::::::::i
.    i::::::::::i`i 、_   {          }_ ィ'´//::::::::::/`ヽ、::::::::!
    i::::::::::i !::::::::::::::>‐---─‐<´  |///::::::::://///ヽ::::!
    !:::::::::i  !::::|ゞ__{ ∨//////{、___!//:::::::::////   i::::!
    !:::::::::!  i::::!  l  \/////!    i//:::::::::i//     !:::::!
    !:::::::::!   !::i   l    \///ヽ、  i/:::::::::::!  /   !:::::::!
    !:::::::::l  i:::i   |    \//∧  {::::::::::::i /     i:::::::::i続きを読む
posted by SS勇者 at 22:17| Comment(0) | ゆゆ式

忍「儂のドーナツが無い!!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29(土) 22:48:04.78 ID:Jt/uPHhY0

阿良々木「どうした忍……朝っぱらから」

忍「無い!無いのじゃ!!」

阿良々木「何が無いんだ」

忍「ドーナツじゃ!昨日、お前様が買ってくれたドーナツが無いのじゃ!」

阿良々木「ああ……確か、そこの棚の上に──あれ、無いな」

忍「じゃろう!?まさかお前様、食べてしまったのか?儂に買ったドーナツを食べてしまったのか!?」

阿良々木「僕はそこまでひどい奴じゃねえよ」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29(土) 22:53:54.60 ID:Jt/uPHhY0

忍「じゃあ誰が食ったというのじゃ!まさかお前様の妹御か!」

阿良々木「いや、さすがに人のドーナツを勝手に食ったりしねーよ」

忍「じゃあ誰が!」

阿良々木「知るか!」

忍「もう犯人はお前様でいいから、早く新しいドーナツを買ってくるのじゃ」

阿良々木「僕でいいからって何だよ、大体、お前が寝ぼけて食べちゃったんじゃないのか?」

忍「いや、儂が寝ぼけてもお前様の影からは出られないから不可能じゃ」

阿良々木「うーん……わかんないな」続きを読む
posted by SS勇者 at 18:00| Comment(0) | 物語シリーズ

唯「雨の話」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2012/08/17(金) 00:48:58.13 ID:i/pNLshAO
【唯先輩はきっとわたしを忘れるよ】


2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2012/08/17(金) 00:54:33.46 ID:i/pNLshAO

雨がやまなかった。
思い出せないくらい昔から、ずっと。
ざああああって雨が跳ねる音が聞こえてて、ブレードランナーみたいですねって、あずにゃんが言った。

唯「なにそれ?」

梓「映画ですよ。雨の降る未来都市が出てくるんです」

唯「じゃあこの街といっしょだね。テレビでやってたよ『雨の降る街桜が丘』って」
梓「映画もこの街ほどじゃないですけどね」



4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2012/08/17(金) 01:00:12.07 ID:i/pNLshAO

あずにゃんは笑うような変な顔をしました。
わたしはまた窓の外に目を向けました。
家の一階部分を埋め尽くすまで積もった雨。
男子高校生がふたり、屋根の上をぴょんぴょん飛んでいきました。

唯「わたしもああやって学校通おうかな」

梓「やめといたほうがいいですよ」

唯「なんでさ」

梓「転んで、ぼちゃん、ですよ」

唯「む……そんなことないよ」

梓「素直にボートで通ってくださいよ。もし唯先輩に何かあったら嫌ですよ」

唯「えへへ。それは……」

梓「違います」

ちぇっ、舌打ち。
あずにゃんは素直じゃないっ独りごちる。
続きを読む
posted by SS勇者 at 00:00| Comment(0) | けいおん!

唯「あたしの気持ち」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/11/21(木) 07:50:28.63 ID:46kJIfk00
唯「んーーーー」


唯「どう書いたら良いのかな?」続きを読む
posted by SS勇者 at 00:00| Comment(0) | ゆゆ式