2014年09月29日

唯「雨の話」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2012/08/17(金) 00:48:58.13 ID:i/pNLshAO
【唯先輩はきっとわたしを忘れるよ】


2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2012/08/17(金) 00:54:33.46 ID:i/pNLshAO

雨がやまなかった。
思い出せないくらい昔から、ずっと。
ざああああって雨が跳ねる音が聞こえてて、ブレードランナーみたいですねって、あずにゃんが言った。

唯「なにそれ?」

梓「映画ですよ。雨の降る未来都市が出てくるんです」

唯「じゃあこの街といっしょだね。テレビでやってたよ『雨の降る街桜が丘』って」
梓「映画もこの街ほどじゃないですけどね」



4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2012/08/17(金) 01:00:12.07 ID:i/pNLshAO

あずにゃんは笑うような変な顔をしました。
わたしはまた窓の外に目を向けました。
家の一階部分を埋め尽くすまで積もった雨。
男子高校生がふたり、屋根の上をぴょんぴょん飛んでいきました。

唯「わたしもああやって学校通おうかな」

梓「やめといたほうがいいですよ」

唯「なんでさ」

梓「転んで、ぼちゃん、ですよ」

唯「む……そんなことないよ」

梓「素直にボートで通ってくださいよ。もし唯先輩に何かあったら嫌ですよ」

唯「えへへ。それは……」

梓「違います」

ちぇっ、舌打ち。
あずにゃんは素直じゃないっ独りごちる。
続きを読む
posted by SS勇者 at 00:00| Comment(0) | けいおん!

唯「あたしの気持ち」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/11/21(木) 07:50:28.63 ID:46kJIfk00
唯「んーーーー」


唯「どう書いたら良いのかな?」続きを読む
posted by SS勇者 at 00:00| Comment(0) | ゆゆ式

2014年09月28日

八幡「不意に、俺はあのセリフを思い返す。」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/10/26(土) 01:20:54.96 ID:1bi97LYb0
ー放課後ー

由比ヶ浜「ヒッキー!」

八幡「ん、おう」

由比ヶ浜「やっはろー!今から部室行くの?」

八幡「なんでさっきまで同じ教室にいたのになんで挨拶すんだよ。ああ、そうだぞ」

由比ヶ浜「そっか、へへ」

八幡「なんだよ、気持ち悪い。」

由比ヶ浜「なっ!ヒッキーに言われたくないっつーの!べーっ。」

由比ヶ浜「もう先に行くからね!」

八幡(2分もしないうちに再会するだろうに。)続きを読む