2014年09月30日

レド「助けてくれ!!!チェインバー!!!」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/15(日) 00:14:28.98 ID:MkO2b6q10

レド「チェインバー!!俺の体の調子がおかしい!!至急調べてくれ!!」

チェインバー「了解した、直ちにコックピットに搭乗せよ」

レド「ああ」

チェインバー「検査開始」


きゅいーん続きを読む
posted by SS勇者 at 18:00| Comment(0) | 翠星のガルガンティア

八幡「キラキラネームか……」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/10/20(日) 16:24:21.39 ID:nVgaNTP10
八幡(こいつらは子供の名前をなんだと思ってるのかね)

八幡(どういう意図でその名前になったのか聞いてみたい。マジで)

八幡(つうか、俺のクラスにいるリア充どもも、将来そういった名前をつけるかもしれないんだよな)

八幡「……」

八幡「なあ由比ヶ浜」

由比ヶ浜「え、なにー?ヒッキーなんかよう?」

八幡「お前、将来子供になんて名前つけたいとか考えてるか?」

由比ヶ浜「え、ひ、ヒッキー?そそそそれって」

八幡「ちょっと聞いてみただけだから、思い付かないなら答えなくてもい」

由比ヶ浜「まって!そうだなあ、あたしなら男の子なら>>5、女の子なら>>10かな!!」続きを読む

阿良々木「神原これはどういうことだ?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18(日) 17:48:09.89 ID:ExizMbFP0

神原「えっ、どういうこととはどういうことだ阿良々木先輩」

阿良々木「いや、なんで俺は縛られているんだ?」

神原「にへへ、わかっているくせにー」

阿良々木「いや、ぜんぜんわからんぞ」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/18(日) 17:51:17.75 ID:ExizMbFP0

神原「いや、折角の夏休み、いい思い出を作ろうではないか」

阿良々木「おまえの言ういい思いでは俺が縛られてなくてはならないのか?」

神原「うーん、どちらかといえば…」

阿良々木「おいこら、いいから早く解け、戦場ヶ原に言うぞ」続きを読む
posted by SS勇者 at 17:00| Comment(0) | 物語シリーズ